住民票の取り方・見方(債権回収~元取立て屋からのヒント)

住民票

私は不動産投資は今年始めたばかり。

ただ、20年ほど前に辞めたけど、消費者金融でそこそこ長く勤めておりました。

債権回収業務では、回収成績は常にトップ。輩的な取立てをする人が多い中、一人主に法的回収を軸に、督促をしない回収をしておりました。
上司は毎日「電話せんかい!電話!」と怒鳴り散らしていたが、私には一切そんなことは言わない。だって上司は回収成績で私に絶対勝てないから。
ただ嫌われてるので万年平社員。
債権回収するのに電話してるやつは馬鹿だと思ってる。
私は電話なんてしない。掛かってきた電話に出るだけ。
交渉なんてしない。交渉してくるのは相手。

「すいません。来月まで待ってください!」

「待つ理由ないんで。もう電話して来ないでください。忙しいんで。」ガチャ。

「すいません。今月中になんとかしますから。」

「信用できないんで。もういいですか?」ガチャ。

いや本気で面倒なんです。電話は。どうせ払わないから。

だって、12年遅れとかの相手ですよ?こんな相手に回りのやつらは、

「〇〇さんですか!いつ払ってくれるんですか!?」

とか、こっちから電話して高圧的にしゃべってんのね。
誰がそれで払うねん。12年間も逃げおおせたやつが。アホか。

人が金を払うのは、払わないリスクが、払う金より大きいから。

そのリスクを模索するのが債権回収。

12年間払ってなかったヤツが、払う気になるのは、いつか。

結婚した。職に就いた。家族が増えた。前の家族の元に戻った。

人生には何らかの動きのあるタイミングがある。

開き直って踏み倒すつもりが、そう出来なくなってくる時がやってくる。

そのタイミングを待ち構えるのが債権回収。

不動産投資をしていて、大家業をやれば、避けて通れないのが債権回収。
だからこそ、家賃保証というものが発生し、伸びてきた。
これまで大家が苦労してきた債権回収を、代わりにやってくれる。
しかもその保証料は大家ではなく入居者が負担してくれる。
こんなありがたい制度はない。

しかし、残念ながら、この制度は都合が良すぎる。
大家にとってはメリットしかない。
ということは、入居者にとってはデメリットしかない。

保証人を用意しなくても良い。

から、

今は保証会社加入が必須。

になり、約9割の賃貸物件入居に必須条件となるに至った家賃保証契約。

さらには

保証会社に加入しても、保証人は付けろ。

いやいやふざけんじゃねーぞ。

調子に乗りすぎだよ。

そもそも元々この制度、おかしいんだから。

入居者の側が不満を持ち、疑問を持ち、今や入居者側からは悪しき制度と化しつつある。誰も感謝などしていない。

大家業はwin-winを目指す関係を作らなきゃならないのに、家賃保証に関しては、その関係が構築できていない。

だって、家賃保証会社って、中身、金融の人間ですからぁ~~~~~っ!

残念!いずれ必ず廃ります。

しかも中身の金融の人間、上のような馬鹿みたいな電話督促やってた、うだつの上がらない仕事の出来ない、他業種に転職できない業界の出がらしみたいなのばっかり。

この業界が廃れた時、大家として困らないためには、最低限の債権回収の知識を身に着けておきましょう。

さて本題の住民票。

住民票は、債権者の立場であれば誰でも取れます。郵送で取れます。
相手住所の役所のホームページ見れば、必ず郵送の請求方法書いてます。書式もダウンロードできます。
債権者であることの証明が必要ですが、賃貸借契約書のコピーで完璧です。

届いたら、まず一番下を見てください。

ここに注目。

住民票

文言は2種類。もう1種類はこれ。

住民票

「世帯全員の」と書かれてあるかどうか。

書かれていれば、その人は単身世帯。書かれてなければ同居家族あり。
つまり家族構成の一部が透けて見えるということ。

前回取った時に独居世帯だったのに、今回チェックしたら同居家族ありの住民票。
ということは、家族構成に動きがあったということ。
結婚したのか、実家に戻ったのか、あるいは別居の息子か娘が帰ってきたのか。

いずれにしても、相手に「弱み」が出来たということ。

債権回収のGOサインである。

ちょっと需要ありそうなので、今日は債権回収について書いてみました。

需要あるのかどうか、わからないので今日は触りだけ。

需要あるよってことなら、

人気ブログランキング
にほんブログ村

ぽちぽちっとしといてください。

ランキング上がれば色んな取立ての極意、伝授します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP